トップ 特集一覧 国際コーヒーの日。いまこそ始めたいおうちサステナブル!

10月1日は国際コーヒーの日 いまこそ始めたいおうちサステナブル 先着300名様にミニコーヒー麻袋プレゼント

10月1日は国際コーヒーの日。
コーヒーを毎日飲む方も、時々の方も、
あらためてコーヒーが飲める時間を
大切に過ごしてみませんか?

COFFEE STYLE UCC オンラインショップでは、
「国際コーヒーの日」に合わせ、
環境への配慮から
自宅でレギュラーコーヒーを淹れた後に残る
“コーヒーかす”を
家庭で簡単に有効活用できる
『ミニコーヒー麻袋』を、ご注文者へプレゼント
いたします。
(10月1日より先着順で300名様)

*10月13日追記* ご好評につきミニコーヒー麻袋の
プレゼント配布は終了いたしました。

いまこそ始めたいおうちサステナブル!コーヒー抽出かす活用方法

脱臭剤として
1脱臭剤として
■ 乾燥させた状態
コーヒーかすを十分に乾燥させ、麻袋など目の細かい布袋に入れて口を閉じれば、冷蔵庫や靴箱などの脱臭剤として利用できます。
※コーヒーミニ麻袋をご利用の際は、必ずコーヒーかすを乾燥させてからご利用ください。
■ 水分を含んだ状態
水気を切ったコーヒーの抽出かすを小皿に平たくして、トイレの脱臭剤として利用できます。
※室内が高温になる場合は、カビが生える可能性があります。
1脱臭剤として
■ 乾燥させた状態
コーヒーかすを十分に乾燥させ、麻袋など目の細かい布袋に入れて口を閉じれば、冷蔵庫や靴箱などの脱臭剤として利用できます。
※コーヒーミニ麻袋をご利用の際は、必ずコーヒーかすを乾燥させてからご利用ください。
脱臭剤として
■ 水分を含んだ状態
水気を切ったコーヒーの抽出かすを小皿に平たくして、トイレの脱臭剤として利用できます。
※室内が高温になる場合は、カビが生える可能性があります。
脱臭剤として
ガーデニングとして(雑草対策、肥料)
2ガーデニングとして
(雑草対策、肥料)
コーヒー抽出かすは土に混ぜることで、植物育成においてさまざまな効果をもたらすことがわかっています。(※)
土に混ぜてから1年目は、“植物の生育を抑制する効果”を発揮します。これは、コーヒー抽出かすに含まれる成分の影響と考えられます。そのため、雑草を生やしたくない土にはコーヒー抽出かすを混ぜることが有効です。
2年目以降は、土壌改良効果をもたらすため、家庭菜園やガーデニングへの利用することが期待できます。
また、2年間かけずとも、コーヒー抽出かすに「堆肥」を混ぜて発酵させることにより、1~3ヶ月で肥料として使用できるようになります。
※UCCと大学の共同研究の農地試験結果より明らかになった効果です。ポットやプランターでの栽培には,堆肥化したコーヒー抽出かすをおすすめします。
出典:Yamane et al., Plant Production Science,17,93-102(2014)
ガーデニングとして(雑草対策、肥料)
10月1日より、COFFEE STYLE UCC オンラインショップでご注文いただいたお客様へ 先着で300名様に『コーヒーミニ麻袋』をプレゼント。コーヒーで『おうちサステナブル』な取り組みを始めませんか?

(「サステナブル(Sustainable)な取り組み」とは、「持続可能な社会を実現するための取り組み」を意味します。
それは、地球の環境を壊さず、資源も使いすぎず、未来の世代も美しい地球で平和に豊かに、ずっと生活をし続けていける社会を目指す取り組みのことです。)

おすすめのコーヒー豆

おすすめのコーヒー粉